Person/泉

コンピュータの歴史

コンピュータの歴史は,大規模化の歴史です.計算機構成および処理データ量の大規模化により,常にコンピュータの利用価値は変化していきました.それを支えてきたのは,大量のデータに屈しまいとする,多大なる努力です.ICPCにおいても,大規模化の重要性は揺るぐことがありません.ひとつのアルゴリズム,ひとつのデータ構造の設計まで気を配ることにより,大規模化を達成することができます.計算機を増やすだけでも,データを増やすことだけでも,大規模化を達成することはできません.そのために必要なことは,データの格納方式,格納場所,アルゴリズムの時間/空間計算量,そして,メッセージの内容まで,すべてに思いを馳せてプログラムを記述することです.

cf. eXtream GNC-4 w/System 360 (ry

う〜ん,筋が通っていない.

UVA Online Judge でやったこと

(注)以下の内容は,全部旧版のシステムに対してなしとげたことです.特に,1 位獲得は,同条件間の順位が「移行順」に左右されるようになったため,該当の問題では 1 位ではなくなってしまいました.

  • 携帯電話でプログラムを書いて,さらに携帯電話のメールで提出.
  • Brainf**k で書いたプログラムを C で実装したインタプリタとともに提出.
  • 下線のみからなる変数名だけを用いたプログラムを提出.
  • 手計算によって求まった解を出力するだけのプログラムを提出.
  • 7-line program 方式で書いたプログラムを提出(必ずしもゴルフをしたわけではない).
  • Pascal,C,C++,Java のいずれの言語も 3 つ以上の問題で利用.
  • ある問題のランキングで 1 位を獲得.
  • ある問題を 9.965 秒(制限時間 10 秒)で解答.

その他


Last-modified: 2007-10-23 (火) 06:52:42 (3651d)