FrontPage

Universidad de Valladolid の Online Judge を PC^2 で使おうとするための PC^2 拡張です。製作中。α版未満。

つかいかた

# そのうちもう少しマシな使い方にしますがとりあえずバージョン。

注意事項

  • JavaMail の実行環境が必要です。必然的に JavaBeans Activation Framework も。
  • POP 受信できるメールアカウントが必要です。
  • PC^2 サーバと同じホストでしか実行できません。
    (pc2v8.ini を読んでいないため。ソース書き換えれば可能)
  • Web を閲覧するのにプロキシーを通す必要がある場合はソースの書き換えが必要 (HTTPValladolid.java)
  • 送られてきたプログラムは、全部同じ UVA アカウントで送信します。
  • 用いる UVA アカウントの設定を「常に登録したメールアドレスに結果を送信」に設定してください

手順

  1. PC^2 をインストールしたディレクトリ直下 (pc2server.bat とかがあるとこ) に展開
  2. JavaMail と JavaBeans Activation Framework をダウンロードして、同じディレクトリに展開
    (mail.jar と activation.jar だけ同じディレクトリに置く)
  3. java -cp .;mail.jar;activation.jar *.java とかやってコンパイル
  4. 普通に PC^2 サーバを起動、アカウント等を設定 (少なくとも Judge が一つ必要)
  5. uvajudge.bat を実行 (UNIX 系の場合は適当にスクリプト書いて)
  6. PC^2 の Judge アカウント, パスワード, メールサーバ, メール (POP3) アカウント, メール (POP3) パスワード, UVA のアカウント、を上から順に入力
  7. PC^2 全体の設定を :
    • Problems : 名前を問題番号に設定。それ以上は必要なし
    • Languages : C, C++, Java という名前の言語を設定するだけ。コンパイラ等の設定は不要。
  8. あとは放置しておけば勝手にやってくれるはずです

公開するとなったなら、もうちょっとちゃんと書かないとなあ。 (三廻部)


やってること

  • 基本的には PC^2 "Judge" クライアントとして動作
  • Submit は Web 経由 (http://acm.uva.es/problemset/submit.php の Form を使って)
  • 結果の受信は Mail で
    • この際、送ったプログラムと結果の対応をとるために、プログラムにランダムな文字列を (コメントの形で) 付け加え、 "Program Received" のメールを見て Judge ID を取得しています
    • Web Scoreboard を見るだけだと対応が確実に対応を取るのが難しいのです。 (特にめちゃくちゃ連続で送られたり、一度 UVAJudge クライアントが落ちて復帰したりすると)

添付ファイル: fileUVAJudge-20050523.tar.gz 521件 [詳細]

Last-modified: 2005-12-02 (金) 20:53:40 (4398d)