2006/Practice/夏合宿

問題文(PDF 形式)

データセット(Zip 形式)

検証器について

一部の問題は正しい出力が一意ではありません.それらの問題に対しては,出力の正当性を判定するためのプログラム(検証器)を提供しております.検証器本体はデータセットのアーカイブに同梱されています.基本的な利用法は次のとおりです.

$ java -jar A.jar A.txt A.your.txt A.out.txt

また,次のようにコマンドを入力すると,棄却理由などを表示することができます.

$ java -jar A.jar -cf A.txt A.your.txt A.out.txt

検証器が提供されていない問題については,正しい出力はひとつしかありませんので,diff(UNIX,Cygwin など),fc(Windows)などのツールをご利用下さい.

解答例について

OB/OG 会全体としての公式な公開は予定しておりません.あらかじめご了承下さい.ただし,下記のとおり,非公式の解答例であれば本サイトから入手できます.ご活用下さい.

  • 一部のスタッフはスタッフのページあるいは個人のページにおいて解答例を公開しております.なお,これらの解答例は,一個人として公開しているものであって,OB/OG 会として公式に公開しているものではありません.そのため,解答例の利用条件などは個々のスタッフが定めるところによります.

  • 一部のチームはチームのページにおいて作成されたプログラムを公開して下さっています.また,みなさんが作成されたプログラムもチームのページ(または個人のページ)に公開していただけると,お互いのよい資料になると思います.ぜひご検討いただければと思います.

上記のファイルの扱いについて

問題文の利用条件などについては PDF ファイルの表紙,データセットの利用条件などについてはアーカイブに含まれる readme.txt をそれぞれご覧下さい.


添付ファイル: fileday3.zip 1091件 [詳細] fileday2.zip 1542件 [詳細] fileday1.zip 1210件 [詳細] fileday3.pdf 1532件 [詳細] fileday2.pdf 1626件 [詳細] fileday1.pdf 1847件 [詳細]

Last-modified: 2009-11-06 (金) 13:26:38 (2904d)